メトホルミン通販! 最安値で買えるサイト

メトホルミンを通販で買う前に知りたい情報

オオサカ堂?楽天やamazonじゃ通販売ってない?

オオサカ堂は海外で売られている薬を通販で販売してくれ、通販では最大手のサイトで多くの人がメトホルミンなどを購入しています。こういう販売業者は、信用が第一で自分で通販を利用するのはちょっと不安があるという方にはおススメで、他にも気になるのは薬が本当に本物  
なのかというということです。

その購入者の不安解消のため、オオサカ堂では正規品を保証しており購入者のためにメトホルミンの成分鑑定の結果をネット上で見ることが出来
るようにしています。

メトホルミンなどの成分鑑定書は第三者機関により公平に検査されるもので、成分鑑定書が掲載されていれば通販で実物を確認しなくても本物か
どうか見極める一つの材料にもなります。
 
また、通販するにあたり成分鑑定書を偽造が考えられますが、創業22年の通販で偽造をしてまでの販売はリスクが高すぎると言えます。
  万が一偽造した場合は、法により処罰されるだけでは済まず、会社が倒産し多額の負債を背負うことにもなります。

但し、成分鑑定にういては全て成分分析しているわけではないので成分鑑定書が掲載されている医薬品を見極め購入するなどの方法も可能です。

メトホルミンは、今のところ楽天やAmazonでは市販されておらず、通販で入手するためにはメトホルミンの含有されている薬やジェネリック薬を購入
することになります。

メトホルミンを通販で買うとどのくらいで届くの?

メトホルミンを通販で購入した場合、注文し自宅に届くまでに1~2週間を要します。但しこの通販の輸入ルートが正規のルートであるならばです。
メトホルミンは、2型糖尿病の薬物治療の第1選択薬として世界中で多く使用されており、オオサカ堂などの輸入業者を使い通販で薬の購入すること
がほとんどです。

メトグルコや、メルビンという薬品のジェネリック医薬品であるり「アポメトホルミン」という名前で同様の効果があり販売されています。

格安や簡単などの売り言葉を信じて、通販等や旅行先等で薬を購入した場合次のようなリスクがあります。
医薬品は、日本国内で医薬品医療機器等法を守り販売や通販で販売されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。

国内で正規に流通している医薬品などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がされていますが、通販などで販売
される外国製品にその保証はありません。

国によっては、通販などの医薬品の品質等について確認が行われていな場合があり、品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果
  が得られなかったり人体に有害な物質が含まれている場合があります。

健康食品、ダイエット食品等として通販などで販売されている製品についても、医薬品成分が含まれていて、健康被害を引き起こすことがあります。
また、美容機器等と称して通販で販売されている製品であっても、不衛生な場所や方法で製造され身体の機能に影響を及ぼし健康被害を引き起こ
すことがあります。

偽物又は嘘の効能・効果、安全性などをうたって販売等されている場合や正規のメーカー品を偽った、偽造製品の場合があります。
海外で品質等が確認された医薬品等を、用法・用量等の記載内容を守って使用した場合でも、副作用等を生じます。

通販などで個人輸入された医薬品などは、医師、薬剤師でも、その成分や作用等に関する十分な情報を有しておらず、副作用等に迅速に対応するこ
とが難しくなっています。

日本国内で医薬品医療機器等法を守って通販などで販売されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合は、
その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)がありますが、個人で通販を利用し購入された医薬品による健康被害については救済対象外となります。

このことにより、医薬品等の個人輸入についてはメリットよりも危険性のほうが大きい場合が多く、個人が通販によって直接不利益を受けるより正規の
輸入業者から通販を通じて購入することをおススメします。

メトホルミンを使ったダイエットとは?

メトホルミンという薬は、糖尿病の飲み薬の一種で、なぜ糖尿病とダイエットの薬が関係あるの?と思われる方も多いと思いますがその秘密は
薬の効能にあります。

太ってしまう原因に色々ありますが、食べすぎやストレス、病的肥満などに関係してくるのが糖質とインスリンの関係です。
車が燃料をエネルギーとして動くように、私達の体は血液中のブドウ糖を燃料にして動いています。

ブドウ糖は、ご飯やパンなどの炭水化物やお菓子などに糖分に含まれ、糖分(ブドウ糖)が血液中に溶け込んで全身に運ばれることで私達の組織
が動いて生命が維持されています。

血液中の糖分(ブドウ糖)は、「血糖」と呼ばれていて、血糖の量は食事後増え1~2時間をピークに減っていきます。

血糖の量は、食事のほか色々な原因により変動しますが、健康な人の体内では変動する血糖は体内のホルモン「インスリン」により上手にコントロールされ、いつも一定の幅で保たれています。

インスリンは、膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられ、食事によって血糖値が上がる(血糖の量が増える)と、
すい臓のβ細胞がこの動きをすばやくキャッチして、すぐにインスリンを分泌します。
  
血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり貯えたり、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりするのです。こうして食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれています。
  
メトホルミンはそのインスリンに作用し糖尿病の治療薬として使用され二次的作用としてダイエット効果が期待できます。
 
メトホルミンの効果は大きく3つに分けられ、
① インスリンの抵抗を改善する 
② インスリンの分泌を促進させる
③ 糖の吸収・排泄を(はいせつ)調節する

糖分が体に入ると、血糖値が上がり、インスリンが分泌され、臓器は糖を取り込み、エネルギーとして使います。
糖が放出されなかったりブドウ糖が吸収されなければ、血液中の糖が減り、インスリン分泌も抑えられます。
このように「糖が放出されない、ブドウ糖が吸収されないようにするのが、メトホルミンです

メトホルミンは、主に肝臓で働き、糖を分解して、体内に糖を放出するのを抑制し、さらに、食後の腸管でのブドウ糖の吸収を妨げる働きをして、
インスリン分泌の増加をともなわないのが特徴です。

インスリンは、脂肪を合成する働きもあるため、インスリンの増加を抑えることで脂肪合成を抑え、さらに肥満を軽減させるためメトホルミンは、
肥満している場合に良い適応とされています。

実際に2型糖尿病の私は、遺伝及び不規則な生活から医師の糖尿病薬の処方を受け糖尿病を治療し、65キロあった体重が今では60キロとなっています。
ご飯は大食いすることはありませんが、普通に3食ご飯を食べていますが、特段運動をしなくても体重が自然に減少しています。

ご飯やエネルギーを摂取しても、体への糖分利用が促進または、体外に放出されることにより体重減少となっています。
私の場合、二十歳の頃から周囲からは痩せていてうらやましいと言われるほどの体型でしたが、不規則な仕事や遺伝は大きいと考えています。
私自身は糖尿病など全く関係ないと若い頃は思っていましたが病気になると心も体もお金も疲れるので注意が必要です。

メトホルミンの副作用

1番に適応されるのは、2型糖尿病や肥満の患者さんで、遺伝的な要因に加え食べ過ぎや運動不足など、生活習慣が原因で発症することがほとんど
で糖尿病の95%が2型と言われています。

高齢者や肝障害・腎障害がある人がメトホルミンを服用すると、乳酸アシドーシス(乳酸が血液中に蓄積し、血液が酸性になること。)
を起こすことがあり、日本では処方が敬遠されていた時期もあります。
  
現在は糖尿病治療の第一選択として用いられることも多くなっており、他に注意することは、低血糖のリスクもあるので、用量・用法を厳守し体調不良な
場合は近くの病院などの受診が必要です。

 メトホルミンの作用機序と効果

メトホルミン薬の作用機序は、ネットなど通販で販売されている経口血糖降下薬は6種類あり、そのうち5種類が使われており、その中で一番古くから使用されているのが
スルホニル尿素薬で、それに続いて使用されたのがメトホルミンです。世界的に最も使われているのはメトホルミンですが、乳酸アシドーシスの副作用出現により
 あまり使われない時代が続いていたことがあります。

メトホルミンは、肝臓からの糖の放出を抑制するのが主な作用機序で、筋肉へのブドウ糖の取り込み促進作用もあります。作用機序もだんだん解明され、AMP
キナーゼという酵素を活性化することが分かっています。
 
メトホルミンは運動によって活性化される酵素のひとつで、運動で得られる効果の一部が服薬によって得られる可能性があるということで注目されています。

メトホルミンが世界的に再び使用されるようになった契機は、BMIが25以上の肥満傾向を示す2型糖尿病の人を対象にメトホルミンを投与する大規模臨床試験
があります。
 
肥満傾向の人にメトホルミンを投与して血糖を下げるとことにより、心筋梗塞が有意に抑制され極めて良好な結果が得られたことで、死亡率が抑制されたこ
とが挙げられます。

メトホルミンの禁忌

通販などで購入したメトホルミンの服用で注意することは諸外国と比べて必ずしも頻度は高くはないものの、乳酸アシドーシスで予後不良により死亡例も報告
され迅速かつ適切な治療が必要な場合があります。そのため日本では、使用が敬遠されていた時期がありましたが最近では、研究が進み糖尿病治療の第一選択
として用いられることが多くなっています。

メトホルミンを服用し乳酸アシドーシスになった人の多くに認められた特徴は以下のとおりです。

 ① 腎機能障害患者(透析患者を含む)
 ② 脱水、過度のアルコール摂取など、患者への注意・指導が必要な状態
 ③ 心血管・肺機能障害、手術前後、肝機能障害などの患者
 ④ 高齢者
 

メトホルミンと腎機能

 厚生労働省からネットなどで通販し使用している人にむけ使用上の注意が出され、これまで2型糖尿病治療薬メトホルミン含有製剤は軽度~中等度腎機能障害
 の患者も禁忌とされてきましたが、今現在では腎機能障害の重度のみが禁忌とされています。

これまで乳酸アシドーシスのリスクを最小限にとどめるため、使用患者や投与量などを記載し制限してきましたが、とくに腎機能障害患者ではメトホルミンの
排泄が遅延し血中濃度が上昇します。軽度を含む腎機能障害患者が禁忌へ追加され、それ以降は腎機能障害患者に対する使用制限がより厳格なものとなっています。

近年海外では腎機能障害患者におけるメトホルミンの安全性に関する最新の科学的知見に基づき、腎機能障害患者に対する使用制限が見直され、国内においても
海外同様の対応を行うこととされています。

メトホルミンと造影剤

従来から、メトホルミン薬服用の患者にヨード造影剤を投与した場合に急性腎不全から乳酸アシドーシスを起こす危険性があるため、メトホルミン薬とヨード造影剤は併用注意と
されてきましたが、より厳格化されヨード造影剤を用いて検査を行う患者にはメトホルミンは投与禁忌となり、メトホルミンが投与されている患者には緊急の造影検査が行
えなくなる可能性などについて医療現場で混乱が生じています。

そのためヨード造影剤を用いて検査を行う患者においては、本剤の併用により乳酸アシドーシスを起こすことがあるので、検査前は本剤の投与を一時的に中止しています。
(ただし、緊急に検査を行う必要がある場合を除く)

ヨード造影剤投与後 48 時間は本剤の投与を再開しないことになっています。なお、投与再開時には、患者の状態に注意することとなりました。緊急の造影検査などの対応につても明確化され、日常診療にも齟齬がない内容になっています。今後、本薬物添付文書に則った使用をお願いいたします。

更新日:

Copyright© メトホルミン 通販! 最安値で買うならこの通販サイトがおすすめ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.